PR:

NHK総局長定例会見で「Rの法則」について言及「このような形で番組が終了するのは残念の一言」

東京・渋谷区神南のNHK
Photo By スポニチ

 NHKの木田幸紀放送総局長が23日、東京・渋谷の同局で放送総局長定例会見を行い、女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検され起訴猶予処分となった元TOKIOの山口達也(46)が司会を務めていたが、打ち切りとなったEテレ「Rの法則」について言及した。

 木田総局長は放送終了に「Rの法則が終了したことは一言に、本当に残念です。マンネリだとかで番組を終了することはよくあるんですが、このような形で番組が終了するのは残念の一言に尽きます」と無念さをにじませ、「これまで番組を応援していただいた皆様に本当に申し訳ないなと思います。このような状態では番組を継続することは難しいという判断でした」と謝罪した。

 同局は10日の定例会長会見で、「NHKの番組は受信料で成り立っている。そういったこと(損害賠償請求)も含めて対応を検討している」とし、山口やジャニーズ事務所に対する損害賠償請求を検討していることを明らかにしていたが、詳細については「まだ日があまり経っておらず、現在もNHKの中で精査であるとか調整を進めているところです。事務所との個別のやり取りはコメントを差し控えさせていただきたい」とした。

 後番組については「現場で検討してもらっています。『Rの法則』が担っていた10代の視聴者に見てもらう役割を引き継いでいくような番組を新たに開発してほしいということは現場に伝えてあります。具体的にはまだですが、現場でいろいろ考えてくれていると思います。新しい番組がまた喜ばれるものになってほしいと切に願っています」とした。

[ 2018年5月23日 15:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:10月17日12時〜13時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル