Hey!Say!JUMP 宮城県キャンペーンキャラ就任 八乙女光「みなさんが笑顔になれるように」

[ 2018年5月23日 15:18 ]

「宮城県×Hey!Say!JUMP共同観光キャンペーン記者発表会」に出席した(左から)薮宏太、高木雄也、伊野尾慧、八乙女光、村井嘉浩知事、山田涼介、知念侑李、有岡大貴、中島裕翔、岡本圭人
Photo By スポニチ

 人気アイドルグループ「Hey!Say!JUMP」が23日、都内で行われた「宮城県×Hey!Say!JUMP共同観光キャンペーン記者発表会」に出席した。

 メンバーの八乙女光(27)が宮城県出身。地元の震災復興への熱い思い、他のメンバーも応援したいという気持ちが実を結び、キャンペーンキャラクターに就任した。八乙女は「本当にとてもうれしいです。震災の時はもちろん今も大変な思いをされている方をたくさん応援したいと思っていたので、全国の方に発信して宮城県の方々の心が明るくなってくれたら」と願い、「これからももっともっとみなさんが笑顔になれるようにがんばります」と思いを込めた。

 このキャンペーンは1年を通して行われる。JUMPに対面した村井嘉浩宮城県知事(57)は「よくコンサートを見にいくのですが、やっぱりかっこいいですね。すごい」と感嘆の声をあげると、9人は照れ笑いを浮かべた。

 イベントではチームに分かれて宮城県の魅力をプレゼンし、宮城県方言クイズにも挑戦。津波の被害が大きかった「三陸エリア」の魅力をプレゼンした山田涼介(25)、知念侑李(24)のチームが見事勝利。知事から「Hey!Say!JUMPに天下を獲って欲しい」と願いを込め、天下が獲れるお米“だて正夢”が送られた。山田は「ありがとうございます」と喜び、他のメンバーは「いいな〜」とうらやましそうな声をあげていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年5月23日のニュース