「五十肩」DJ KOO“お手本”ライブ配信、スター発掘へ

[ 2018年5月23日 05:33 ]

ポーズを決める(右から)ちゃんりおRio、DJ KOO、しぴたんshipitanとアカデミー生
Photo By スポニチ

 TRFのDJ KOO(56)が22日、東京・渋谷のエイベックスアーティストアカデミー東京校で行われた「17 Live×avex オーディション 記者発表会」に出席した。

 ライブ配信アプリ「17 Live(イチナナライブ)」を運営する17 Media Japanはエイベックス・マネジメントと共同し、27日から6月9日まで将来のスター候補、ぶっ飛んだ個性を持つ17ライバー(ライブ配信者)を発掘するオーディションを開催。アカデミーの学生の前に登場したDJ KOOは、さっそく活動25周年を迎えたTRFの名曲「EZ DO DANCE」のDJプレーを披露。ラップを刻み、踊りながら「25年やっているんで五十肩になってます!」と笑わせた。

 プレーを終えると17ライバーのしぴたんshipitanとちゃんりおRioにレクチャーを受け17ライブを視聴。しぴたんの配信画面に「よろしくお願いいたしマスカレード」とTRFの楽曲にかけてコメント。どんな配信をしたいかと聞かれると「アナログレコードかけながら、昔話も含めてやりたいね」と笑顔で語った。

 アカデミー生には、オーディションに臨む心構えを伝授。「自分らしさは日々努力していくこと。バラエティーに出だしたとき、迷わずやってみることは大事」と力説した。最後は会場からライブ配信を行い「survival dAnce〜no no cry more〜」に合わせて超絶プレーを連発した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年5月23日のニュース