NHK鳥海アナ W杯開幕戦と日本の初戦コロンビア戦実況担当

[ 2018年5月23日 15:55 ]

東京・渋谷区神南のNHK
Photo By スポニチ

 NHKが23日、東京・渋谷の同局で放送総局長定例会見を行い、「2018FIFAワールドカップ」の試合中継で大会の開幕戦および日本の初戦であるコロンビア戦の実況を鳥海貴樹アナウンサー(49)が務めることを発表した。

 鳥海アナの起用理由について同局は「実績がある。開幕戦と日本の初戦であるコロンビア戦を担当してもらおうとなった」と説明。木田幸紀放送総局長も「この一戦に大変な期待がかかっていると思う」と期待した。鳥海アナは羽生の連覇が懸かった平昌五輪「フィギュアスケート男子」の実況を担当。「帰ってきました。強い羽生が戻ってきました」「異次元の強さです」などと感動を表現し、ネットを中心に話題を集めていた。

 なお、開幕戦は福西崇史氏(41)、日本ーコロンビア戦は福西氏に加えて岡田武史氏(61)が解説を担当する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2018年5月23日のニュース