PR:

森脇健児 大会ゲストに高校後輩・桐生呼ぶ!?「シークレットにしといて」

6月24日に京都・宇治で開催されるリレーマラソン発表会見に出席した森脇健児
Photo By スポニチ

 京都府宇治市の山城総合運動公園陸上競技場で6月24日に開催される「〜やる気!元気!森脇健児!〜ファンダフルリレーマラソン in 京都 2018」の発表会見が15日、大阪ミナミの道頓堀角座で開かれた。

 大会ホストを務め、レースにも出場する森脇健児(51)が会見に登場した。大阪・枚方出身で京都・洛南高OBの森脇は現在、京都市在住。「高校時代の主戦場だった(宇治)太陽が丘で開催します。7月に道頓堀角座もなくなるし、寂しい話題ばかり。松竹芸能も何か発信しないとダメだと思う。芸人と一緒に走って」と気合十分だ。

 洛南高陸上部の後輩には100メートルで9秒98をマークし、日本人で初めて10秒の壁を破った桐生祥秀(22)がいる。「桐生の先輩です。直系の後輩で昔から知ってます。出場?シークレットにしといてください。でも、6月末はシーズンの真っ只中なんでね」とサプライズゲストとしての登場が難しいことを明かした。ゲストでの出場は、松竹芸能の後輩芸人たちに任せており「ますだおかだ、TKO、安田大サーカスらにも声をかける。誰が来てくれますかね。“踏み絵”です。若手に来てほしい」と大会に出場するかしないかで“森脇派”かどうかをチェック?。また、松竹芸能の結束も固めたいところだ。

 TBS・MBSテレビ系「オールスター感謝祭」の赤坂5丁目ミニマラソンには03年秋に初出場して初優勝。その後も毎回出演し、17年春で28回連続出場している。この日は東京から始発の新幹線で帰阪。会見の後、仕事をこなして、夜は京都の自宅周辺でランニングし、大会に備える。「1年365日のうち300日は走ってる。雪、カミナリ以外は走ってますね。早寝早起きで、老化でなく進化してますよ」。“走る男”森脇。走るイベントにも真剣だ。

 大会は1周2・1キロのコースで、フルリレーマラソン(約42キロ)、ハーフリレーマラソン(約21キロ)、親子マラソン(約1キロ)の3競技が開催される。エントリーの締め切りは6月10日。

[ 2018年5月15日 10:55 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:09月21日17時〜18時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル