「万引き家族」カンヌ映画祭で9分間拍手鳴り止まず「客席との一体感もある良い上映」

[ 2018年5月15日 05:30 ]

レッドカーペットを歩く(左から)リリー・フランキー、佐々木みゆ、安藤サクラ、是枝裕和監督、松岡茉優、城桧吏、樹木希林
Photo By 提供写真

 フランスで開催中の第71回カンヌ国際映画祭でコンペティション部門に出品された「万引き家族」(6月8日公開)の公式上映が13日(日本時間14日)に行われ、是枝裕和監督(55)らが参加した。

 上映後は約9分間スタンディングオベーションが続き、主演のリリー・フランキー(54)は感極まり涙。是枝監督は5度目のコンペ部門参加で「客席との一体感もある良い上映だった」と手応えを得ていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年5月15日のニュース