ゆってぃ、ドッキリ番組常連で人間不信に「誰が本当のことを言っているのか」

[ 2018年5月11日 11:18 ]

お笑いタレント・ゆってぃ
Photo By スポニチ

 お笑いタレント・ゆってぃ(41)が10日深夜放送のテレビ東京「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告」(木曜深夜0・12)に出演。ドッキリ番組の常連になったことで人間不信に陥っていることを明かした。

 「ワカチコ」ネタでブレーク。月収が「なん千円だった」時代から「MAX200万円」の売れっ子芸人になった。その後、お笑いブームが終了し、自身も一発屋として転落していくかと思われたが「ドッキリ番組」の常連になったことでテレビに出続けることになったという。

 「1年ぐらい仕事がドッキリだった」。1日3本すべてがそうだったといい「朝起きてから、夜寝るところまで。まったく気付かなかった」と振り返った。ただプライベートでも冗談で「ドッキリだよ」と言われることがあったといい「誰が本当のことを言っているのか分からなくなって」と人間不信になっていたと打ち明けた。

 追い打ちをかけたのが、ある女性を巡っての出来事。飲みの席で一緒だった女性が、その3日後、ゆってぃの自宅を訪れるというドッキリ。最初はプライベートでの時間だったが、その情報を番組スタッフが察知、女性にだまし役を依頼して決行されたという。「つい3日前までガチの関係だったんです」と、ゆってぃ。MCの「ネプチューン」名倉潤(49)も「スパイみたいだね」と驚きの声をあげていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年5月11日のニュース