岡村隆史、チュート徳井のデート報道に「裏切られた」 アローン会の反応も明かす

[ 2018年5月11日 09:41 ]

「ナインティナイン」の岡村隆史
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(47)が10日深夜放送のニッポン放送「岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)に出演。「チュートリアル」徳井義実(43)と「チャラン・ポ・ランタン」もも(25)との自宅デート報道を受け、独身お笑いタレントが会員の「アローン会」メンバーの反応を明かした。

 ネットニュースで徳井の報道を知り「手が震えた」と話した岡村。すぐさま、独身の男性芸人がメンバーのLINEグループ「アローン会」に、記事を張り付けて送信したという。

 アローン会はリーダーの今田耕司(52)、岡村、徳井、「ピース」又吉直樹(37)による会。彼女ができた際には脱退することがルールになっていることから、岡村は「説明責任がある」「脱退ということですね」とメッセージ。その際、又吉から「でも、とても夢があると感じました。結成した時、アローン会を卒業することを目標にしよう、と皆さんおっしゃっていました。そうですよね?」との返しあったことなどを説明した。

 その後も、LINEグループでのやりとりを紹介。今田は「初心である『彼女ができたら祝福して送り出す』という精神だけはブレないでおこうと、現在そのような心境です」、又吉は「最初にアローン会を卒業するのは、自分でありたいと思っています」とつづっていたという。岡村は「正直なところ、裏切られたという気持ちです」と正直な気持ちを記しつつ、「ただ、これからの徳井氏を見守っていきたいと思います。幸せになってください」とエールを送ったことも告白した。

 当の徳井からは「いろいろご迷惑をおかけしてすみません」との返事があったという。最後は「これきっかけで何かうまいこといきそうなことがなくなってしまうっていうのも、つらいなっていうふうに思いますから」と、仲間の幸せを祈っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年5月11日のニュース