槇原敬之の所属事務所元代表 また覚醒剤で逮捕、起訴 社員とトラブル頻発…代表解任後に

[ 2018年5月11日 08:35 ]

 歌手の槇原敬之(48)の所属事務所の元代表だった男が、覚せい剤取締法違反(使用)の容疑で逮捕、起訴されていたことが10日、分かった。

 起訴状などによると奥村秀一被告(42)は今年3月、東京都港区のマンションで覚醒剤を使用した罪に問われている。この日、東京地裁で行われた初公判で奥村被告は起訴内容を認め、覚醒剤を溶かした液体を飲んだなどと述べた。奥村被告は99年にも覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けており、検察は冒頭陳述で「13年ごろには使用を再開していた」と指摘した。

 奥村被告は、99年の逮捕時に槇原と同じ部屋におり、ともに現行犯逮捕された。06年には所属事務所代表に就任し、公私とも深いつながりを持っていた。

 スポニチ本紙取材によると、昨年に入り事務所内では人間関係を巡るトラブルが頻発し、昨年末までには幹部社員が全員退社した。関係者によると「奥村被告の理不尽な態度が目立つようになり、耐えきれなかったと話す元社員もいた」という。以後は奥村被告と槇原の二人三脚になると思われたが、のち2人にも何らかの深刻な亀裂が生じ、3月12日に奥村被告は代表を解任された。

 逮捕はその数日後とみられ、所属事務所は「解任理由は役務不履行によるもので今回の事件とは関係ない」とし、「在職中から使用していたということは全く知り得ないこと」としたが、2人をよく知る別の関係者は「“お家騒動”にも覚醒剤の影響があったのではないか」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年5月11日のニュース