紅ゆずるが“運命のボタン”「すごい責任」、ドリームジャンボ宝くじ抽せん会

[ 2018年5月11日 15:10 ]

宝塚大劇場での「ドリームジャンボ宝くじ」抽せん会に登場し、ボタンを押す紅ゆずる
Photo By スポニチ

 宝塚歌劇星組トップスターの紅ゆずると、トップ娘役・綺咲愛里が11日、本拠地の宝塚大劇場で初開催された「ドリームジャンボ宝くじ」の抽せん会に登場した。

 昨年、同宝くじのイメージキャラを務めた紅にとっては2度目となる抽せん会。今回は初めて、1等3億円の当せん番号を決める“運命のボタン”を押す大役を務めた。「押すことによって、どなたかの人生を大きく左右するということで…この右手にかかっていると思うと、すごい責任を感じますね。でも楽しみです」とニヤリ。綺咲も、なじみの“ホームグラウンド”に立ちながら「いつもとは違う光景にドキドキ、でも少しワクワクしています」と語った。

 無事、役目を終えた紅は「何かよく分からない達成感があります…ハハハハ」と、晴れやかな笑顔で締めくくった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年5月11日のニュース