TBS 人気アナ仕事集中に「働き方改革を行っている 徐々に成果は出ている」

[ 2017年11月29日 15:56 ]

TBSの吉田明世アナウンサー
Photo By スポニチ

 TBSの武田信二社長(64)が29日、東京・赤坂の同局で定例会見を開き、先月貧血のため生放送中に途中退席した同局の吉田明世アナウンサー(29)について言及した。

 一部の人気アナウンサー仕事が集中している点について「働き方改革を行っていて、徐々に成果は出ている」とし、「吉田アナの件をきっかけに現場には改善を要請している」と語った。

 吉田アナは貧血のため10月29日の「サンデー・ジャポン」(日曜前10・00)生放送中に途中退席。その後、上司と相談し、レギュラーを務める同局「ビビット」(月〜金曜前8・00)の月、火を休み、出演本数を減らしたことを明かしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年11月29日のニュース