19年大河「いだてん」ビートたけし、古今亭志ん生役に「うれしくてしょうがない」

[ 2017年11月29日 13:00 ]

<NHK大河ドラマ「いだてん」会見>(後列左から)川栄李奈、峯田和伸、橋本愛、松尾スズキ(前列左から)神木隆之介、ビートたけし、森山未来
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優の中村勘九郎(36)と俳優の阿部サダヲ(47)が主演を務める2019年のNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」の新キャストが29日、東京・渋谷の同局で発表され、ビートたけし(70)、森山未來(33)、神木隆之介(24)、橋本愛(21)、峯田和伸(39)、川栄李奈(22)、松尾スズキ(54)が出演することが決まった。

 たけしが落語家の古今亭志ん生役を、森山が若き日の志ん生である美濃部孝蔵を演じる。神木は志ん生の弟子・五りん役、川栄がその恋人・知恵を務める。橋本は孝蔵とともに浅草を生き抜く遊女・小梅役、峯田が孝蔵の兄貴分で後に金栗四三(中村勘九郎)と知り合う人力車夫・清さん役、松尾が孝蔵の最初の師匠となる橘家圓喬(えんきょう)役で出演する。

 会見場に姿を見せたたけしは開口一番「どうも日馬富士です」とこの日、引退届を日本相撲協会に提出した横綱・日馬富士(33=伊勢ケ浜部屋)の名前でボケてあいさつ。志ん生役については「尊敬する人の役がきて、うれしくてしょうがない」と喜んだ。

 森山は「光栄です。撮影を楽しませてもらえれば」と意気込み。たけし演じる志ん生の若い頃を演じる心境について「すごいことだとは思いましたけど、モノマネをするわけにもいかないですし…」と困惑気味。たけしからは「俺になるんだから外で『ダンカン、バカヤロー!』って言ってればいい」とアドバイスも飛んだ。

 「いだてん…」は同局の連続テレビ小説「あまちゃん」(13年前期)をヒットに導いた人気劇作家の宮藤官九郎(47)が大河ドラマの脚本を初担当。20年の東京五輪を控え「日本と五輪」をテーマとするオリジナル作品で、日本が五輪に初参加したストックホルム大会の1912年から東京大会の64年までの52年間を描く。今年4月に中村と阿部が主演を務めることが発表されていた。前半が中村、後半が阿部を中心に、2人の主演リレー形式で放送される。

 中村が日本人マラソン選手のパイオニアである金栗四三(しそう)役、阿部が東京五輪招致に尽力した田畑政治(まさじ)役を演じる。大河ドラマの複数主人公は2000年の「葵徳川三代」以来19年ぶり3度目。大河ドラマにおいて、近現代史が描かれるのは1986年の「いのち」(三田佳子主演)以来33年ぶり。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年11月29日のニュース