三田村邦彦 心に残る藤田まことさんの“金言”「役者は役者にダメ出ししちゃダメ」

[ 2017年11月29日 15:01 ]

「おとな旅あるき旅」が来年1月放送から10年目に突入し、鏡割りで祝う(左から)山口実香、小塚舞子、三田村邦彦、斉藤雪乃
Photo By スポニチ

 俳優・三田村邦彦(64)がメーンMCを務める「おとな旅あるき旅」(テレビ大阪、土曜後6・30)が来年1月から10年目に突入することになり29日、大阪市内で鏡開きを行った。

 同番組では毎回、酒豪の三田村が楽しく酒を飲みぶらり旅を続けるのが人気。酒席のトラブルから横綱・日馬富士(33)が引退することになった相撲界を念頭に「酒の席では仕事の話はしないこと、陰口をたたかない」と、自身のポリシーを披露した。

 これには、三田村が「人生の師」とまで仰ぐ故・藤田まこと(享年76)さんの言葉が胸にあるという。三田村がまだ駆け出しだったころ「必殺仕事人」シリーズで共演した藤田から「役者は役者にダメ出ししちゃダメ」と言われたことが今も心に突き刺さっている。それまで、劇団で一番嫌だったことが「飲みに行くと必ず演技論でケンカになること」だったそうだ。三田村はそれ以降「酒席で仕事の話はしない」と決めた。

 またこの日、同番組の来年放送分からテーマソングとして三田村の新曲「明日へのターミナル(仮)」が使われることが決定。8年ぶりの新曲で、三田村は「実は歌も結構歌っていて、100曲ぐらいオリジナルもあるんだけど…。今や一発屋がうらやましい。目指せ!一発屋です」と気を吐いて笑わせた。

 なお、来年1月6日は新春スペシャルとして2時間半放送。橋本マナミ(33)、伍代夏子(55)、コロッケ(57)が初ゲストで登場し金沢、博多などをめぐる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年11月29日のニュース