「ゴゴスマ」関東地区で番組最高6・5% 同時間帯でも1位タイ

[ 2017年10月26日 11:26 ]

「ゴゴスマ」のMCを務めるCBCの石井亮次アナウンサー
Photo By 提供写真

 TBS系の午後の情報生ワイド番組「ゴゴスマ〜GO!GO!Smile〜」(月〜金曜後1・55)の25日放送の平均視聴率が、6・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したことが26日、分かった。これまでの6・2%を上回り、関東地区での番組歴代最高をマークした。

 また、同時間帯でも日本テレビの「情報ライブ ミヤネ屋」(月〜金曜後1・55)と並んでトップとなった。名古屋地区の平均視聴率は、同時間帯1位の6・6%をマーク。名古屋と関東地区でそろって同時間帯1位になるのは、今月4日以来、2度目となる。

 25日の放送では、22日に投開票された衆院選の結果を分かりやすく伝えたことが視聴者の関心を呼んだ。

 同番組は2013年4月、東海3県向けのローカル番組としてスタート。15年春の関東地区での放送開始を皮切りに放送域を広げ、視聴率も上向いている。

 CBCテレビの稲垣邦広番組プロデューサーは「水曜レギュラーの東国原英夫さんや専門家の経験に基づいた分かりやすい解説と、松本明子さん、ニッチェさんの視聴者目線の素朴な質問やスタジオでの軽妙なやりとりが視聴者のみなさんの分かりやすさ、見やすさとして受け止めていただいた結果としてありがたく思います。今後も視聴者目線で、MCの石井、スタッフともども“謙虚に”を忘れずに放送に臨みます」とコメントしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年10月26日のニュース