テレ東社長“池上無双”4連覇を評価 次の選挙も?「お願いしたかは企業秘密」

[ 2017年10月26日 14:22 ]

池上彰氏
Photo By スポニチ

 テレビ東京の小孫茂社長(65)が26日、東京・六本木の同局で定例会見を行い、ジャーナリストの池上彰氏(67)がメーンキャスターを務めた衆院選特番「池上彰の総選挙ライブ」(日曜後8・00)が民放トップの視聴率を獲得したことに「成功した番組」とコメントした。

 「総選挙ライブ」は9・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得し、民放トップを獲得。13年の参院選、14年の衆院選。16年の参院選に続き、国政選挙での特番で4連覇を達成した。池上氏の特番は大物政治家がムキになるような鋭く切れ込む質問が人気を集め、インターネット上では“池上無双”と評される。今回は新企画「政界“悪魔の辞典”」が登場。鋭く、時に皮肉たっぷりな池上節を活かし、政界のさまざまな事柄を「辞典」のように解説した。

 小孫社長は「もちろん、池上さんの力が大きいが、スタッフも二人三脚でいろんなアイデアを盛り込むことができたと感じています。視聴率もこれも成功した番組かなと認識しております」と評価。「池上さんも他局にいろんな研究をされていると発言されていますが、研究された上で、ご自分でテレビ東京のスタッフと新しい物をご覧いただくというのはかなり豊富だったかと思う。チャレンジと続けるという池上さんでも新しいものを出していただく、チャレンジ精神が出たと感じています」と話した。

 今後の池上さんとのタッグについては「池上さんには常にいろんなお願いをしている。アイデアを含めて、どういう番組を作るか、選挙特番にかぎらず、お願いしっぱなし。常に意思疎通を続けているとお考えいただいたほうがいいと思う」。ただ、次の選挙に関しては「次の選挙はいつなるかわからないが、確実なのは参院選があるということ。それも随分先、そこについて(池上氏に)お願いしたかは企業秘密です」と明言はしなかった。

 選挙特番の全体1位はNHK「2017衆院選開票速報」で17・1%だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年10月26日のニュース