主演男優賞の堺雅人「真田丸」共演者に感謝「自分としては助演として1年積み重ねの結果」

[ 2017年10月26日 18:53 ]

「東京ドラマアウォード2017」授賞式に出席した、(上段左から)星野源、堺雅人、草刈正雄ら受賞者
Photo By スポニチ

 俳優の堺雅人(45)が「東京ドラマアウォード2017」で、昨年1年間放送されたNHK大河「真田丸」での主演男優賞を受賞し、26日に都内で行われた授賞式に出席した。

 「真田丸」は真田信繁(幸村)を演じた堺の主演男優賞のほか、作品賞連続ドラマ部門の優秀賞、さらに、信繁の父・真田昌幸演じた草刈正雄(65)が助演男優賞を受賞。3冠を達成した。

 堺は「自分がああしよう、これしようというのはなかった。そのときの真の主役は、父だったり、兄だったり。主演で賞をいただいたんですが、自分は助演としての積み重ね。1年積み重ねていった結果だった」と共演者に感謝。演じる上で「自分の意思はなかった」とし「三谷さん(の脚本)や流れに乗せられての役作りだった」と振り返った。

 壇上では父役の草刈と久々の2ショット。草刈も「すばらしい役をいただいた」と終始笑顔だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年10月26日のニュース