岡村隆史 松山千春の過去の“神対応”を告白「それぐらい格好ええ人」

[ 2017年8月25日 17:06 ]

ナインティナインの岡村隆史
Photo By スポニチ

 ナインティナインの岡村隆史(47)が24日深夜、ニッポン放送「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)に生出演。遅れた全日空機での即興ライブが話題となった歌手の松山千春(61)から過去に受けた“神対応”を告白した。

 松山は20日、札幌(新千歳)発大阪(伊丹)行き全日空1142便に搭乗したが、Uターンラッシュによる保安検査場の混雑で午前11時55分出発予定が午後1時3分まで出発が遅れた。松山は午後0時50分ごろ、客室乗務員に「みんなイライラしています」と申し出て、機長の許可を得て機内放送用のマイクで代表曲「大空と大地の中で」の冒頭を歌い、「もう少しお待ちください」などと話したという。機内の映像がネットに上がり、大きな反響を呼んだ。

 岡村は「格好良くないですか、チハルマツヤマ」と切り出し、「飛行機が遅れて歌うという。歌手の方、歌のパワーというのを感じた。お笑いなんて無力だなって。皆さん、イライラしてるからって、漫談やる!ってなったらうるさいんじゃ!ってなるけど、松山千春が歌うってなったら、わーって拍手が起きる。短い時間で、バシッと拍手もらえるっていうのは、やっぱりみんなが知ってる人であり、やっぱり歌かなと」と松山の行動を称賛した。

 「昔から、松山千春さんは格好良かったんですよ」と続けた岡村。20代の頃、自身がレギュラー出演していたフジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!」の前身番組「めちゃ×2モテたいッ!」(1995〜96年放送)にゲスト出演してもらうため、松山の地元・北海道を訪れた際のエピソードを披露した。

 岡村はトーク収録後、松山から「1回会ったら友達だからな、ナイナイとはもう俺友達だぞって。きょう泊りか?どこでもメシ食えよ!」と声をかけられたという。「その夜、行く店、行く店、全部タダ。『千春さんからいただいてます』って。凄くないですか、どこ行くとか何も言ってないんですよ。ご飯食べて、バー行って、最後はJリーグキャバクラに行っても全部タダ。どこ行っても全部タダやった」と粋なエピソードを披露。「それぐらい格好ええ人。千春さんらしいなと」としみじみ明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年8月25日のニュース