ミス日本東日本地区代表5人が決定「内面と外面を磨いて精進したい」

[ 2017年8月25日 14:55 ]

2018ミス日本コンテスト東日本地区大会で本選出場を決めた(左から)山田麗美さん、霜野莉沙さん、野田夏希さん、岡部七子さん、高橋茉莉さん
Photo By スポニチ

 「2018年度ミス日本コンテスト」の東日本地区大会が25日、東京都内で行われ、来年1月開催の本選に出場する5人が選出された。

 洋服、水着審査を経て本選出場を勝ち取ったのは、野田夏希さん(22)、霜野莉沙さん(19)、岡部七子さん(18)、山田麗美さん(19)、高橋茉莉さん(20)の5人。

 東大理科二類1年の岡部さんは「美しく知性あふれる女性を目指していきたい」と意気込み。薬学部を志望しているといい「手術ではなく、薬で治療できるよう、新薬を開発したい」と目を輝かせた。アナウンサーを目指す慶大文学部3年の高橋さんは「食事制限を続けてきたが、今日は好物のとんかつと焼肉をたらふく食べようと思います」と笑顔。明日からはまた食事制限に取り組むとし「内面と外面を磨いて精進したい」と本選を見据えた。

 同大会は1950年から開催されている日本で最も歴史のあるミスコンテスト。50回目の記念大会となる今回は「羽ばたく行動美人」をテーマに、若く美しい女性に夢を叶えるための経験と栄誉を贈る。今年の応募総数は2803人。本選は来年1月15日に行われる予定。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年8月25日のニュース