史上初“真打ちママさん落語家” 柳亭こみち9月に昇進披露興行

[ 2017年8月25日 05:30 ]

9月から真打ち昇進襲名披露興行を行う(左から)桂三木助、柳亭こみち、古今亭志ん五
Photo By スポニチ

 落語家の柳亭こみち(年齢非公表)が9月下席の東京・上野の鈴本演芸場から真打ち昇進披露興行をすることになり24日、都内で会見した。2010年に漫才師の宮田昇(40)と結婚し、13年と15年に2人の男児を出産。真打ちのママさん落語家はこみちが初めてとなる。

 「高座に上がるのが落語家の仕事」という信念の持ち主。「出産する1週間前まで寄席にいたし、産んだ3週間後には寄席にいました」と振り返る。「落語が好きでたまらない」と言い、今後も「子供の笑顔に癒やされながら高座に上がり続けたい」と抱負を語った。真打ち昇進は他に三木男改め五代目桂三木助(33)と志ん八改め二代目古今亭志ん五(42)。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年8月25日のニュース