ロバート馬場 “お笑い脳”ゼロに危機感「笑ってごまかすヤバい状態」

[ 2017年8月25日 11:42 ]

お笑いトリオ「ロバート」の馬場裕之
Photo By スポニチ

 お笑いトリオ「ロバート」馬場裕之(38)が24日放送のテレビ朝日「アメトーーク!」(木曜後11・15)に出演。料理や美容にのめり込むあまり、本業がおろそかになっていることに「ヤバい状態に入っている」と危機感を示した。

 番組では「美容ファースト芸人」のくくりで、美を保つための努力などについてトークを展開した。

 お笑い界きっての料理上手としても知られる馬場はコスメも手作り。自宅でミツロウなどを使ってリップクリームを作る様子を紹介した。さらに「自分で作ったやつを飲みたい」とロケなどには自ら栽培したハーブ作ったハーブティーを持参。トリオのネタ作りは秋山竜次(38)が担当しており、MCの宮迫博之(47)は「すごいな。ネタは人がつくったやつをやるけど、他は全部自分で作ってるんや」とツッコんだ。

 リップクリームに限らず、虫除けスプレーや日焼け止めも自作するという馬場。その意識の高さに共演者から感嘆の声が上がると、馬場は「だからもうほんと、料理と美容のこと以外、最近考えられなくなって」と吐露。「お笑いの脳がなくなってしまったんです」と続けると笑いが起こったが、馬場本人は「大喜利みたいなのも、もう(お笑い脳が)ゼロだからなにも出てこない。笑ってごまかすみたいな。ヤバい状態に入っている」と本業に身が入らなくなっていることに苦笑いだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年8月25日のニュース