ブルゾンちえみ ブレークぶりは周囲の態度で分かる BどころかDもPも…

[ 2017年8月25日 12:36 ]

ブルゾンちえみ
Photo By スポニチ

 ブレーク中の女性芸人のブルゾンちえみ(27)が24日放送の日本テレビ系「ダウンタウンDX」(木曜後9・00)に出演。憧れの存在だという世界的デザイナーの言葉に勇気づけられた過去を明かした。

 昨年8月に、以前からの“憧れの人”デザイナーのコシノジュンコ氏(77)の誕生日パーティーに参加したというブルゾン。「応募したら行ける」というパーティーだったといい、そこで初対面のコシノ氏から「あんたそのメイクと髪型チャーミング、そのままにいなさい!」と声をかけられたことを明かした。その言葉に勇気づけられ、現在、NTTドコモの新CMでコシノ氏と親子役での共演を果たしている。「ちょうど1年後にこんな(こと)になると思ってなかった」と感激していた。

 ブルゾンはことし元日放送の同局の「ぐるナイ!おもしろ荘」への出演がきっかけでブレーク。お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔(36)によると、ブレークぶりは「帰りのスタッフさんの見送り」の態度でわかるそうで、「(ブルゾンと)ネタ番組で一緒に出たことあるけど、(見送りの)数がブルゾンは全然違う。ディレクターとかプロデューサーとかも見送ってくれる。with Bどころか、D(ディレクター)もP(プロデューサー)も連れて凄い」と人気ぶりを明かした。

 ブレーク後、ブルゾン自身はモテるようになるなどの変化はそれほどないようだが、自身の好みについては「私はウィル・スミスが好き」とキッパリ。「日本人だと?」とさらに追及され、「藤井(聡太)四段みたいなのが好きなんです」とまさかの回答に、スタジオから「全然違う!」と総ツッコミ。「シャイボーイが好き。何かにモテたいと思ってやっているわけじゃない。将棋が好きでやっているだけだから」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年8月25日のニュース