よしもと“音ネタ”聞き放題サービス開始 RG「聞いた方がいい〜」

[ 2017年7月5日 12:00 ]

「Laugh&Peace Music」開始記者会見に出出席した(左から)エグスプロージョン、椿鬼奴、藤井隆、レイザーラモンRG、NMB48の渋谷凪咲、加藤夕夏
Photo By スポニチ

 吉本興業の芸人ソング、音ネタ、リズムネタを定額制でネット配信する新サービス「Laugh&Peace Music」の開始記者会見が5日、都内で行われた。

 吉本興業の芸人ソング、音ネタ、リズムネタを「Laugh&Peace Music」としてブランド化。5日から約2000曲をネット配信事業各社の定額制音楽配信サービスを使って配信を開始するもの。

 「あるあるネタ」が配信されるレイザーラモンRG(42)は、「聞いた方がいい〜」と歌手・細川たかし(67)のヒット曲「北酒場」のメロディーにのせてアピール。細川とは、髪形をまねて本人から「あれは失礼だ」と激怒されながら、その後バラエティー番組で共演して和解した経緯がある。それだけに共演者からは「細川たかしさんの公認受けたから調子に乗ってる」とツッコまれていた。

 サービスは5日に「レコチョク」「LINE MUSIC」「Google Play Music」など10社でスタート。これまで配信されていなかった過去の名作、ヒット曲を復活させ、毎日劇場やイベント等で生み出される新しいコンテンツや音ネタ、リズムネタをどこよりも早くデジタル化して配信し、提供する。

 会見にはRGのほか、同社の坂内光夫社長、藤井隆(45)、椿鬼奴(45)、fumika(27)、エグスプロージョン、NMB48の渋谷凪咲(20)、加藤夕夏(19)が出席した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2017年7月5日のニュース