藤井四段 井山6冠と初対談の経済誌、表紙の将棋誌に注文殺到

[ 2017年7月5日 05:30 ]

囲碁棋士の井山裕太六冠(左)と対談した藤井聡太四段
Photo By 提供写真

 将棋の史上最年少棋士、藤井聡太四段(14)と囲碁の井山裕太6冠(28)との初対談が掲載された経済誌「週刊ダイヤモンド」に全国の書店から注文が殺到している。発行元のダイヤモンド社によると、3日の発売初日だけで書店から届いた注文は通常の35倍だったという。担当者は「対談を理由にこれだけ注文が殺到するのは異例。藤井コーナーを設けている書店が多いようで、そこに置こうとしているようです」と話した。

 また、月刊誌「将棋世界」は藤井四段が2号連続で表紙を飾った8月号(発売中)に予約が殺到。創刊80年で初めて発売前に増刷していた。田名後健吾編集長は「主婦など新しい読者が増えている。これを機に新しい読者層にも将棋の魅力が広く伝われば」と話す。2日の対局で連勝が29で止まった藤井四段は6日の順位戦で中田功七段(49)と対戦する。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2017年7月5日のニュース