ジミー大西、小出恵介を思いやる 直接連絡なしも「気持ち受け止めている」

[ 2017年7月5日 08:36 ]

記者会見に臨んだ(左から)お笑いコンビ「ミキ」、吉村大阪市長、間寛平、松本正義組織委員会会長、もずやん、ジミー大西、松井大阪府知事、岡崎朋美、福本愛菜
Photo By スポニチ

 大阪マラソン(11月26日)の組織委員会などが4日、大阪市内で開かれ、チャリティアンバサダーのジミー大西(53)、チャリティーイベントのPR・推進役を務める間寛平(67)、松井一郎大阪府知事、吉村洋文大阪市長らが参加した。

 会見後、ジミーは俳優小出恵介(33)の未成年女性との飲酒・淫行騒動で撮り直しが決定している自身の半生を描いた動画配信大手「ネットフリックス」のドラマ「Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜」について言及。「Jimmyという物語が、またどこかで見ていただけるのはうれしい」と語り、明石家さんま役を務めるはずだった小出を「体と心の健康に気をつけてほしい」と配信が危ぶまれる状況だったにもかかわらず、思いやった。無期限活動停止中の小出から直接の連絡はないといい、「でも気持ちは受け止めている」と話した。

 「(企画、プロデュースを手掛ける)さんまさんとも(小出に関する)話はしてないです」とし、気になる代役についても「さんまさんが選ぶ方なら、誰でもいいです」とコメント。騒動の穏便な収束を望んでいた。

 《松井知事ら参戦》松井氏と吉村氏の大阪マラソンの緊急参戦が決定した。会見の最中、吉村氏がジミーや寛平、長野五輪銅メダリストの岡崎朋美さんらを見渡しながら「この中で何人完走できるんかな…」といぶかしがったのが運のツキ。「市長も言うからには頑張りますよ。男前やし、足腰強いし」という松井氏の一言をきっかけに、寛平も「もちろんフルマラソンでしょ!?時間(目標タイム)も言うてください」と猛プッシュ。泣く泣く参加を決めた吉村氏は「ワン大阪。いろんなことを一緒にやっていこうと思います」と松井氏をチャレンジラン(8・8キロ)参戦に引きずり込んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年7月5日のニュース