滝沢カレンが苦労話告白、11歳で168センチ!ついたアダ名は「ダース・ベイダー」

[ 2017年7月5日 21:06 ]

滝沢カレン
Photo By スポニチ

 モデルでタレントの滝沢カレン(25)が5日放送の日本テレビ「1周回って知らない話SP」(水曜後7・00)にゲスト出演。過去の苦労話を明かした。

 ウクライナ人の父と日本人の母とのあいだに生まれたカレン。ロシア語通訳をする母は仕事が忙しく、幼少期は祖母に厳しく育てられた。食事中のテレビは禁止、BGMはオペラだったという。

 3歳からバレエを習い始め、現在のモデル業につながる美しい姿勢を身に付けたが、成長期は苦労したと告白。小学生5年生時の写真が披露されるとスタジオは騒然。11歳で身長168センチだったカレンは、同級生と並ぶと“頭3つ分”抜け出ていた。当時ついたあだ名が「ダース・ベイダー」だったと明かされると、カレンは苦笑いを浮かべた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2017年7月5日のニュース