徳光和夫アナ 結婚披露宴の司会ギャラ、芸能人より羽振りいい業界を暴露

[ 2017年5月28日 20:11 ]

「フルタチさん」に出演したフリーアナウンサーの徳光和夫
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの徳光和夫(76)が28日放送のフジテレビ系「フルタチさん」(日曜後7・00)に出演。自身が司会を務めた結婚披露宴の裏話を明かした。

 これまで芸能人だけでなく一般人含め500組を超える結婚披露宴の司会を務めた徳光。出演者からギャラについて聞かれると、有名人は相場が分かっているのでそこまで高くないといい「お坊さんの披露宴」は超高額の場合があると答えた。

 司会業で相当の稼ぎがあったとウワサされる徳光だが、MCのフリーアナウンサー古舘伊知郎(62)が「(ギャンブル愛好家)徳さんは相当競艇でやられてます」と暴露。カンニング竹山(46)に「ギャンブルで負けた総額は数億円と言ってましたが、ご祝儀などで稼いでいたのですか?」と聞かれると否定はしなかった。徳光の甥(おい)でタレントのミッツ・マングローブ(42)が「もっとおじさんにお年玉もらっておけばよかった〜」と冗談を言うと、徳光は「シュウヘイ(ミッツの本名)には(ギャンブルで)増やして渡そうと…」と返し、スタジオの笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年5月28日のニュース