桂ざこば 脳梗塞で緊急入院 加療1カ月以上 TVや落語会は当面休演

[ 2017年5月28日 13:00 ]

桂ざこば
Photo By スポニチ

 落語家の桂ざこば(69)が脳梗塞を発症したことが28日、分かった。所属事務所が発表した。

 発表は以下の通り。

 弊社所属桂ざこばが昨日5月27日(土)松竹座での稽古に向かう途中、体調を壊し、大阪市内の病院に緊急入院いたしました。

 病院で精密検査をいたしましたところ、左中大脳動脈閉塞症、塞栓性脳梗塞と診断され、1カ月以上の入院加療を要するとなり、現在お稽古中の松竹座のお芝居、ならびにテレビのレギュラー、落語会はしばらくの間、休演することとなりました。関係各位にはご迷惑をお掛け致し、誠に申し訳ございません。

 退院、仕事復帰につきましては改めてご連絡させていただきますので、皆様方にはご心配をお掛け致しますが、何卒ご理解のほどをよろしくお願い致します。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年5月28日のニュース