紅蘭 父・草刈正雄の写真集をバッサリ「ぶりっ子はさすがにないだろう」

[ 2017年5月28日 16:40 ]

女性用下着専用洗剤のイベントに出席した紅蘭
Photo By スポニチ

 タレントでパーソナルトレーナーの紅蘭(27)が28日、都内で行われた女性下着専用洗剤「ラブリー365」の発売記念イベントに出席し、父親の草刈正雄(64)の初写真集「草刈麻有 FIRST PHOTO BOOK」をバッサリ切り捨てた。

 芸歴47年で初めての写真集に草刈は、「俺、すごいだろ」と自慢しているそうだが、紅蘭は「あれ、本当にイヤ。64歳で初写真集って、恥ずかしくて仕方ない」と渋面。内容についても、「格好良く、スタイリッシュに撮っていればいいけれど、上目遣いとか鏡越しとかぶりっ子はさすがにないだろう。見ていられない。パパじゃない」と、娘ならでは厳しい評価を下した。

 さらに、「私が結婚して子供ができて、“おじいちゃん、これ何?”て(写真集が)出てきた瞬間に恥ずかしい。そこまで考えた」とも。草刈は2冊目があればヌードへの挑戦にも意欲を見せているが、「そんなことやっている年じゃない。絶対に阻止します」と宣言した。

イベントでは「ラブリー洗濯隊」の隊長に就任し、「下着は見えない部分だけれど、内面的な自信にもつながる。私は肌になじみやすく、フィットする服が多いのでラインに響かない素材が好きですね。パーティーなどおめかしをする時は、お気に入りのものを着けます」と持論を展開。そして、「女の子の日もあるし、下着の洗濯はつけ置きや漂白をしたり女性は大変。これ一つでいろんな手間が省ける、ついに出たという商品です」とPRに努めていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年5月28日のニュース