古舘伊知郎 活動弁士でも本領 アドリブ満載で観客爆笑

[ 2016年10月28日 09:00 ]

東京国際映画祭の「歌舞伎座スペシャルナイト」の開演前にフォトセッションを行った古舘伊知郎(右)と尾上菊之助
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの古舘伊知郎(61)が27日、東京・歌舞伎座で行われた第29回東京国際映画祭の関連イベント「歌舞伎座スペシャルナイト」に出演した。

 歌舞伎座正面で写真撮影に臨み「皆さんの前でこうべを垂れていると、湾岸署から大麻騒動で出てきた芸能人みたい」と時事ネタを絡め古舘節をさく裂。1928年製作の無声映画「血煙高田の馬場」の活動弁士を務め、主人公が疾走するシーンで「これはドーピングをやってる。医療大麻をやってる可能性もある」などとアドリブ満載の活弁で800人超の観客を爆笑させた。歌舞伎俳優の尾上菊之助(39)は舞踊「鷺娘」を披露した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年10月28日のニュース