中山美穂「私は元気です」に拍手、主演作「ラブレター」が特別上映

[ 2016年10月28日 19:08 ]

東京国際映画祭で「ラブレター」が上映されトークイベントを行った中山美穂
Photo By スポニチ

 1995年に公開された「ラブレター」が28日、東京国際映画祭で特別上映され、主演の中山美穂(46)が舞台あいさつを行った。

 岩井俊二監督の劇場用長編映画デビュー作で、中山は一人二役を熱演。相手役は豊川悦司(54)。

 中山が「お元気ですか、私は元気です」と話すところが代表的なシーンで、客席から「お元気ですか」との声が飛ぶと、中山が「私は元気です」と応え、場内は拍手に沸いた。

 中山は撮影を振り返り、「この作品に参加できて良かった。私自身、いろんな感情が織り交ざっちゃいました」と懐かしそうに話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年10月28日のニュース