ミス・インター優勝はフィリピン代表 日本代表・山形さん残念

[ 2016年10月28日 05:30 ]

ミス・インターナショナル世界大会で優勝したフィリピン代表のカイリー・バーゾサさん(AP)
Photo By AP

 2016年のミス・インターナショナル世界大会が27日、都内で開かれ、フィリピン代表の幼稚園教諭でモデルのカイリー・バーゾサさん(24)が優勝した。69の国と地域のミスの中から頂点に立ったバーゾサさんは「本当に夢のよう」と喜びの涙を流した。「強くて自信にあふれ、世界から憧れられるような女性になりたい」と語った。

 日本代表で盛岡市出身の大学生山形純菜さん(22)はファイナリスト15人に残ったが、受賞を逃した。将来は「アナウンサーになりたい」といい、「これを機に英語を学び直して、2020年東京五輪では海外の選手に通訳なしでインタビューをしたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2016年10月28日のニュース