ロンブー淳 生まれた娘抱いて父の実感「寝てる。軽いけど、重い」

[ 2016年10月28日 22:47 ]

「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(42)が28日、テレビ朝日「金曜★ロンドンハーツ」(金曜夜9・00)で、娘が生まれた日の様子を公開した。

 出産の瞬間は、沖縄で仕事だった淳は、ロケを終えてようやく妻と連絡を取る。録音していたという産声を電話越しに聞き、思わず天を仰ぎ目を閉じた。「顔見た?…俺に似てんのか~い!」と話す目には涙があふれた。「お疲れさん」と妻を労い、電話を切った淳は「やっべえ、産声。危うく泣きそうになるところだった…危ねえ危ねえ」。「カメラでは、泣いてた画は撮れたんですけど」と言われると「いや、泣いてないです。俺『ハーツ』ではもう泣かないって決めてるから!」と笑ってみせた。

 ようやく都内に戻り、病院へ向かう淳。待望の娘との初対面に「うわあ、ちっちぇえ。カワイイ!」と感激。おそるおそる抱っこすると「はじめまして、田村淳です」と自己紹介しながら我が子の顔をじっと見つめ、「はぁ…寝てる。軽いけど、重い」と父になった実感をかみしめるようにつぶやいた。眠る娘の手に触れ「手は、ママ似かな」と、指をぎゅっと握る娘に目を細めながら「初めての握手」。「仏さんみたいな顔…すげぇ。おなかの中にいたのに…」と、すべてが感慨深い様子だった。

 「パパは君のためだけには生きないからね、って言おうと思ってたんだけど…考え方が全然変わっちゃった。何でもしてあげたくなる!」と我が子に終始メロメロだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年10月28日のニュース