織田裕二 主演ドラマでIQ246「最初は胃が痛くなった」

[ 2016年10月15日 06:33 ]

舞台あいさつした(左から)ディーン・フジオカ、織田裕二、土屋太鳳
Photo By スポニチ

 俳優の織田裕二(48)が14日、都内でTBSの主演連続ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」(16日スタート、日曜後9・00)の試写会で舞台あいさつした。

 難事件を解決するIQ246の男の役で「最初は胃が痛くなった」と告白した。織田を護衛する刑事役は土屋太鳳(21)。同作のPRで出演した8日放送の同局「オールスター感謝祭」のミニマラソンでの激走が話題になったが、「折り返し地点で織田さんたちと目が合って、おかげで安心して全力で走ることができた」と感謝した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年10月15日のニュース