久松郁実 憧れこじるりとドラマで初共演「ビックリ」

[ 2016年10月15日 08:58 ]

TBSドラマ「コック警部の晩餐会」にレギュラー出演する久松郁実(C)TBS
Photo By 提供写真

 人気グラビアアイドルの久松郁実(20)がTBSドラマ「コック警部の晩餐(さん)会」(水曜深夜0・10、19日スタート)にレギュラー出演する。

 柄本佑(29)演じる主役の“コック警部”こと古久星三(こっくほしみつ)は料理の腕前がプロ級の刑事で、独特な捜査手法で難事件を解決する。コック警部とコンビを組む新人刑事・七瀬あずみを演じるのはドラマ初挑戦となる小島瑠璃子(22)。久松はあずみの同僚・桃役を務める。桃はあずみと同じ寮のルームメイトで、ストレスがたまっているあずみの愚痴を聞くなど、フォロー役になる。

 目標の女性だと公言している小島と初共演となる久松は「大好きな小島さんとの初共演がまさかドラマとは思っていなかったのでビックリしました!バラエティーやドラマの撮影で誰よりも忙しくて寝る時間もないはずなのに、現場では疲れを一切見せない小島さんの姿に、またさらに憧れが強くなりました」と感動。「私が演じる桃は、あずみが唯一心を許せる親友の役なので自然体な二人の女子トークの掛け合いができるように頑張りたいと思っています」と意気込んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年10月15日のニュース