松ちゃん 川谷ゲス報道で持論「ベッキー救うため、身を挺してやっているかも…」

[ 2016年9月4日 10:42 ]

「ワイドナショー」に出演した松本人志

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(52)が4日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。人気ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)が一般女性との「お泊り愛」を報じられた件について「“ベッキーが復帰しやすいように自分が悪役になる”との思いがないとは言い切れない」と持論を披露した。

 番組では、女性週刊誌が報じた川谷の20代女性との「お泊り愛」についてトーク。コメンテーターの「HKT48」の指原莉乃(23)が、年初に不倫騒動にあったタレントのベッキー(32)が芸能活動を本格復帰できていない状況に触れて「ここまですぐにっていうのは」と批判の声をあげた。

 これに対し松本は「こういうことをすることによって“ベッキーかわいそう”ってなる。ベッキーを救うためにわざと話題を作って、身を挺(てい)してやっているともとれなくはない」と発言。さらに「ベッキーが復帰しやすいようにって、ここは俺が悪役になるんだって思いではやっていないとは言い切れない」と続けた。

 この松本の意見に指原は“目からうろこ”のような様子で「(川谷は)かっこいい。キュンってきた」と川谷の行動へ理解を示し始めたが、一方の松本は「僕もそうは言いながらも、それはないと思うんで。そういう考え方もあるということで」。一気にトーンを落として周囲を笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年9月4日のニュース