山田涼介 禁断の三角関係!「初めて尽くし」月9初主演

[ 2016年9月4日 06:56 ]

 Hey!Say!JUMPの山田涼介(23)がフジテレビの月9ドラマに初主演する。10月にスタートする「カインとアベル」(月曜後9・00)で、兄の恋人に思いを寄せる会社員役を演じる。自身初のスーツ姿で人生初のラブストーリー挑戦と、初もの尽くしの作品となる。

 ドラマは旧約聖書に出てくる兄弟の物語「カインとアベル」が原案。ジェームズ・ディーン主演の米名作映画「エデンの東」の基になったことでも知られる。

 主人公はデベロッパー会社の社員。父親から溺愛される成績優秀な兄に対し、自身は父親の愛情に飢えている設定。ある日、出会った女性に恋愛感情を抱くが、その女性は兄の恋人だった――という展開で物語は進む。複雑な環境の中、主人公の青年が悩みながら成長していく姿を描く。

 山田がフジのドラマに出演するのは、2008年6月に放送された単発作品「古畑中学生」以来。同局ドラマ初主演が、いきなりの看板枠となった。ジャニーズ事務所のタレントで初の「平成生まれ」の月9主演でもあり、「視聴者の皆さんの期待も非常に高いと思いますので、プレッシャーはありますが、自分なりのカラーを出し、しっかり演じていきたい」と気合が入っている。

 撮影は数日中にもスタートする予定。「今までドラマや映画の役で、スーツを着るということがありませんでした。初めて尽くしの作品になりますので、自分自身もどういうふうになっていくかまだ想像がつきませんが、“新しい山田涼介”を届けたい」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年9月4日のニュース