「極楽」復帰ライブ台風の影響で初日延期“謝罪”がトークライブに

[ 2016年9月4日 06:30 ]

公演の延期を説明した加藤浩二(右)と山本圭壱

 10年ぶりに活動を再開したお笑いコンビ「極楽とんぼ」の復活舞台となるはずだった、3日の北海道・札幌での全国ツアー初日公演が、台風10号の影響で延期になった。

 小道具や舞台装置を載せた貨物列車が足止めされたため。主催者が公式ホームページでこの日正午に中止を発表し、開演時間の午後5時から、加藤浩次(47)と、2006年の淫行騒動で吉本興業を解雇された相方の山本圭壱(48)が事情を説明するなどした。

 発表を受け、会場には約100人が詰めかけた。2人は公演の延期を報告し、「申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 ファンから「お帰り!」「山さーん」と声援が起こる中、加藤が「なんで俺たちはこうなっちゃうのかな」と、思わぬ“再出発”に苦笑い。続けて「今回は山本さんのせいじゃないですから!」と話すと、客席から笑いが起きた。

 “謝罪”は約1時間20分におよび、実質トークライブに。コンビの活動休止を招いた山本は序盤こそ遠慮がちだったが、終盤には物まねも披露。この日のために時間の許す限りコントの稽古に励んだといい、「大丈夫ですから。私はもう。頑張っていきましょう」と話した。この日の代替公演は来月23日、ツアーの千秋楽として行う。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年9月4日のニュース