野田秀樹氏発案「東京キャラバン」小学生らと交流

[ 2016年9月4日 05:30 ]

 演出家の野田秀樹氏(60)発案の文化プロジェクト「東京キャラバン」が3日、仙台市で行われ、地元の小学生による合奏団と人気バンド東京スカパラダイスオーケストラが「上を向いて歩こう」を一緒に演奏するなどして交流した。

 2020年東京五輪・パラリンピックの文化プログラムに先駆けた企画で、東京都が主催。リオデジャネイロ五輪では現地で実施した。3日は能楽師やパフォーマーが仙台市若林区の沖野東小を訪問。野田氏は「普段は出合うことがないものと出合えるのが、この企画の楽しさ。2020年に向けて各地に広げていきたい」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年9月4日のニュース