吉田沙保里の逆質問に中居頭抱える「そんな重いのもう勘弁して」

[ 2016年9月4日 22:22 ]

吉田沙保里

 リオデジャネイロ五輪のレスリング女子53キロ級で銀メダルを獲得した吉田沙保里(33)が4日に放送されたテレビ朝日「中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!」に出演。4年後の2020年東京五輪へ向けての思いを改めて口にした。

 中居正広(44)から4年後への意気込みを問われると「どうした方がいいですか?」と逆質問。中居は「それちょっと重いんですけど。そんな重いのもう勘弁してほしい」と自虐も交えて頭を抱えていた。

 「ここで銀メダルにしたってことは、(14年に亡くなった)お父さんが勝って終わらせるために」と栄勝さんからのメッセージでもあると受け取るようになったという吉田。だがその一方で「私そんなこと思ってなかったんですけど、周りの方に言われて」と周囲の言葉で父の思いを感じるようになったと明かした。

 自身の去就についてこれまで「時間をかけてゆっくり考えていきたい」としつつ「(次の五輪が東京でなければ)多分引退って言っていると思う。こんな機会は絶対ないので、出られるものなら出たい」と現役続行への意欲を見せていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2016年9月4日のニュース