W不倫のファンキー加藤 始球式後にマウンドで謝罪「お騒がせして…」

[ 2016年6月7日 17:57 ]

<オ・中>始球式を行った後、マイクで場内にあいさつするファンキー加藤

 W不倫が報じられた元「ファンキー・モンキー・ベイビーズ」で歌手のファンキー加藤(37)が7日、東京都内での謝罪会見後に大阪へ向かい、京セラドーム大阪で行われたプロ野球交流戦、オリックス―中日の試合前に“プレ始球式”を行った。

 加藤はこの日発売の「週刊女性」がでお笑いコンビ「アンタッチャブル」柴田英嗣(40)の元夫人との不倫が報じられ、同日午前に会見。「記事に書かれていることはすべて事実です」と報道を認め、「こんな自分を支えてくれる妻と家族、そして柴田さんに本当につらい思いをさせてしまった。この場を借りて謝りたい」と謝罪した。

 会見を終えて大阪へ移動した加藤は、初主演映画「サブイボマスク」(11日公開)のPRのためプレ始球式に登場。映画のTシャツ&ジーンズ姿の加藤は打者バファローブル、捕手ドアラを相手に1球を投じた後にマイクを握り、「このたびはお騒がせしてしまい、申し訳ございませんでした。そんな中、始球式をさせていただき、本当にありがとうございました」とあいさつすると、スタンドの観客からは笑いと拍手が起こった。

 「サブイボマスク」(監督門馬直人)は、熱血漢の主人公が地元の田舎商店街を盛り上げるべく、覆面レスラーだった父の形見のマスクをかぶって謎の覆面シンガーとして歌で人々の心を揺さぶっていく姿を描く。サッカー日本代表DF長友佑都(29=インテル・ミラノ)と交際中の女優・平愛梨(31)がヒロインを務めるほか、小池徹平(30)泉谷しげる(68)らが出演する。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2016年6月7日のニュース