メッセ黒田 念願かなって?“尻毛脱毛”に挑戦

[ 2016年6月7日 09:55 ]

(左から)ウーマンラッシュアワー・村本、マギーの横で、人生初の尻毛抜きを公開したメッセンジャー黒田有

 お笑いコンビ「メッセンジャー」の黒田有(46)が人生初の“尻毛脱毛”に挑んだ。

 「イッタ~!!」。そんな悲鳴が思わず聞こえてきそうな写真は、司会を務めるテレビ大阪のバラエティー番組「わざわざ言うテレビ」(火曜深夜0・12、関西ローカル)の1シーンだ。以前から、濃い尻毛に悩まされていたという黒田。かつて番組内で「お尻の穴の周りに毛が生えていて、特に夏場になると絡まる」と告白したことがあるが、今回の収録でついに念願かなって?脱毛するチャンスが与えられた。

 最近では男性も同様のケアが流行しており、チャレンジしたのは「ブラジリアンワックス」という手法。専用ワックスを塗り、その上から湿布のようなものを貼り、ワックスが乾いたら一気に剥がすというやり方だ。

 突如、出現したカーテン仕切りのスペースに、「怖いわ~」と表情を曇らせながら移動する黒田。スタジオに招かれた大阪市内でサロン3店を経営する女性オーナーに促されるようにワンワンポーズをとり、そのシルエットが映し出されると、共演のウーマンラッシュアワー・村本大輔(35)はこらえきれずに爆笑する。

 マギー(24)が「覚悟はいいですか?」と念を押し、観覧客は固唾(かたず)をのんで見守る。その時、いかに自分が衆人環視の下、恥ずかしい場面を目撃されているのかということにようやく気がついたのか、「AVに出る女の子ってこんな気持ちなんかな」と漏らした黒田。そして運命の瞬間、尻毛は…。

 この模様は14日放送。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2016年6月7日のニュース