アンジー、トランプ氏批判 イスラム教徒入国禁止案に「聞くに堪えない」

[ 2016年5月17日 00:45 ]

 米女優アンジェリーナ・ジョリーさんは16日、ロンドンで講演し、米大統領選で共和党候補指名を確実にした実業家トランプ氏によるイスラム教徒の米入国禁止やメキシコ国境での壁建設の提案は「聞くに堪えない」と批判した。

 ジョリーさんは国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)特使を務めており、この日は難民関連イベントに参加した。

 司会者からイスラム教徒の入国禁止を訴えるトランプ氏について聞かれ「米国は自由を求めた人々が世界中から集まり、つくられた国だ」と話し「米国の大統領になろうとする人物から出るこのような提案は聞くに堪えない」と述べた。

 また、シリアなどから流入する難民らに対し各国が受け入れ態度を硬化させていると指摘。米国についても「とても失望している」と述べ、積極的な難民受け入れを求めた。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年5月17日のニュース