山崎賢人&二階堂ふみ 女子高生500人のもみくちゃ歓迎にびっくり

[ 2016年5月17日 16:42 ]

映画「オオカミ少女と黒王子」特別課外授業イベントに登場した山崎賢人と二階堂ふみ

 俳優の山崎賢人(21)と二階堂ふみ(21)が17日、都内の女子高でダブル主演する映画「オオカミ少女と黒王子」(監督廣木隆一、28日公開)の特別課外授業イベントを行った。

 緊急全校集会の名目で集められた500人の全校生徒の前に2人がサプライズで登場するとまさに大歓声。生徒たちにもみくちゃにされ、中には泣き出す生徒もいる状況に、二階堂は「女子校…すごいですね。まさかこんなにも喜んでくれるとは思わなかった」とあまりの歓迎ぶりにびっくり。山崎は「本当にこんなにもすごい熱気で迎えてくれて嬉しい。いや~サプライズどうですか?楽しい?良かったです」と満面の笑みを浮かべた。

 少女漫画誌「別冊マーガレット」(集英社)で連載中の計540万部の大ヒットコミックを映画化。恋愛経験のない平凡な女子高生・エリカ(二階堂)と、イケメンで優しそうな見た目とは正反対で超腹黒くドSな恭也(山崎)が繰り広げるラブコメディー。本作の舞台は共学校だが、女子校という異質な空間でのイベントに山崎は「女子校に入ることなんで絶対できないので、楽しいだろうなと思う。(出身が)男子校でもなかったのでやっぱりいい」としみじみ。二階堂も共学出身だといい、「憧れていたので感動してます」と感激した。

 学生からのお悩み相談コーナーでは、あまりの歓声に山崎から「悩んでる感じが全然ない」と思わぬツッコミが入る一幕も。部長として部活でどうまとめたらいいのか?と悩む生徒には、二階堂は自身も主演として作品を引っ張る立場として「一人ひとりを向かい合うことが大事なのかなと思う」とアドバイス。山崎は「締めるところを締めればいいんじゃないですかね」と続けた。

 また、彼氏を作るために女子力を上げたいという生徒には「それはもう、女の先輩のふみちゃんに。僕は男なのでどうやったら彼氏ができるかはわからない」と苦笑した山崎。それでも「素の自分、そのままでいればいい。男から見ても自然体でいられるほうがいい」としながらも「女子力はあげられるなら上げたほうがいいとは思う」とメッセージを送っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年5月17日のニュース