タッキー「言ってみるもの」三宅健と「ケンタッキー」CM

[ 2016年4月11日 05:30 ]

 タッキー&翼の滝沢秀明(34)が主演し、演出を手掛ける舞台「滝沢歌舞伎」が10日、東京・新橋演舞場で開幕した。本番前に会見が行われ、今回新たに加わったV6の三宅健(36)とともに出席した。

 1月に行われた製作発表で、三宅が「ケン&タッキーというおいしい関係になれたら」と発言。これがきっかけで、2人そろって「ケンタッキーフライドチキン」の新CMに出演することがこの日までに決まった。CMは滝沢歌舞伎の楽屋で2人がチキンを食べている設定という。

 滝沢は「言ってみるもんですね」と笑顔。この新CMの話を聞いた井ノ原快彦(39)が稽古中にチキンを差し入れてくれたという三宅は「キャストとスタッフ全員が食べることができるくらいの量でした」と感謝した。

 同舞台では三宅が作詞、滝沢が作曲を手掛けた楽曲「Love」を披露する。CDリリースへの意欲を聞かれると、滝沢は「今回、V6のファンの方も初めてこの作品に触れると思うので、皆さんの声があったら」と期待。三宅も「望まれるなら出したいですね」と語り「(ケン&タッキーの)おいしい関係は続くってことですね」と“コンビ”継続に色気を見せて笑いを誘った。

 06年に初演された同舞台は今年11回目。第1幕はショー形式で歌舞伎やダンス、歌などで構成。滝沢と三宅が上半身裸になって空中で太鼓を叩く圧巻のパフォーマンスも披露する。第2幕は「鼠小僧」を題材にした芝居を上演。滝沢が初めて脚本を手掛けた。5月15日まで。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2016年4月11日のニュース