織田信成 現役続行の真央にエール「同世代としても頑張ってほしい」

[ 2016年4月11日 18:57 ]

新番組「世界!ニッポン行きたい人応援団」取材会に出席した織田信成

 プロフィギュアスケーターの織田信成(29)が11日、都内スタジオで行われたテレビ東京系の新番組「世界!ニッポン行きたい人応援団」(14日より毎週木曜後7・58、初回2時間スペシャル)の取材会に、お笑いコンビ「サバンナ」の高橋茂雄(40)、タレントの眞鍋かをり(35)とともに出席した。

 同番組のタイトルにちなみ、今応援した人を聞かれると、同番組で応援団長を務める織田は「僕はスケーターなので、浅田真央ちゃんを応援したいですね」と言い、「3月に世界選手権が終わり、来シーズンも頑張るとインタビューで応えてくれていて、彼女もスケート界ではベテランになってきて、全日本選手権だと最年長になるので、同世代としても頑張ってほしいなと思いますね」とエール。

 また、同質問に高橋は「身近なところで言うと、とにかく明るい安村ですね。元気を失っていて、今はとにかく反省している安村なので(笑)」と笑い飛ばし、眞鍋は子どもができてテレビを見る時間帯が変わったそうで、「バラエティーに復帰して(番組に)行ったりすると『誰?』って人が出ていて、テレビの入れ替わりは早いなと思うので、髪を振り乱して頑張っている自分を応援したいですね」と自分を奮い立たせた。

 同番組は、世界で「ニッポンに行きたくてたまらない」と願う外国人を探し出して、彼らの熱い想いを取材。彼らの「日本で○○したい」という夢を応援するために日本に招待する。番組の内容にかけて改めて触れたい日本の文化について聞かれると、織田は「僕は織田信長の子孫と言われますが、正直、全然信長のことに詳しくないんですよね。本能寺で死んだというのは知っているんですけど」と打ち明け、高橋から「明智光秀を憎め」と突っ込まれつつ、「海外の織田信長ファンの方に来ていただいて、一緒に勉強させていただきたいですね」と目を輝かせていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年4月11日のニュース