黒柳徹子 報ステ・富川新キャスターの私生活に興味津々 指輪に落胆

[ 2016年4月11日 13:20 ]

古舘伊知郎氏の後任として「報道ステーション」の新キャスターを務めるテレビ朝日の富川悠太アナウンサー

 テレビ朝日「報道ステーション」(月~金曜後9・54)で古舘伊知郎氏(61)の後任として11日からメーンキャスターを務める富川悠太アナウンサー(39)が同日放送の「徹子の部屋」(月~金曜正午)に出演。「報道ステーション」への意気込みやプライベートについて語った。

 富川アナは2004年4月の「報道ステーション」スタート以来、12年間フィールドリポーターとして事件、事故、災害、政治など国内外のあらゆる現場を取材。年間100カ所以上、ジャンルの全く異なる現場に足を運び、類を見ない取材を敢行した。

 大役はうれしい?と黒柳に聞かれると「最初はうれしいというより、古舘さんが辞めるということが信じられなかった。12年間育て続けてもらったので、他の人には任せたくないなという気持ちはありました」と答えた。

 甘いマスクも魅力の富川アナ。黒柳は「私も大ファン」と本人に伝え、結婚などプライベートについて質問した。富川アナの結婚指輪を見つけると「指輪してらっしゃるのね!?アララララ。気がつきませんでした」とちょっぴり残念そうな様子。富川アナが「子供は2人男の子がいまして、8歳と4歳です」と伝えると、黒柳は「えー!?月の3分の2くらいは地方に取材に行くとおっしゃってたのに子供よく生まれましたねえ。そういうところは計画的なんですね」と反応し、富川アナは「一応計画的にちゃんと…」と照れ気味に答えていた。

 最後に富川アナは「報道ステーション」について「とにかく現場の声を伝えていくというのを第一に考えて、気張らずに謙虚にやらせていただきます」と意気込みを語った。徹子は「あなたが得なのは顔が可愛らしいので、かなりはっきりしたことをおっしゃってもあんまりグサッといかない人が多いと思うから、そういうところを狙ってね。本当に成功を祈っております」とエールを送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年4月11日のニュース