レオ様、ツイッターでも環境問題の行動喚起「地球救うために必要」

[ 2016年2月29日 15:41 ]

オスカー像を手にするレオナルド・ディカプリオ (AP)

 映画界最大の祭典、第88回米アカデミー賞の発表・授賞式が28日(日本時間29日)、米ロサンゼルス・ハリウッドのドルビー・シアターで開かれ、主演男優賞は「レヴェナント:蘇えりし者」のレオナルド・ディカプリオ(41)が受賞した。

 ディカプリオはこれまで助演男優賞に1度、主演男優賞に3度、計4度のノミネートも栄冠に手が届かなかった。今回、演技部門5度目のノミネートで悲願のオスカー像を手中に。受賞スピーチでは映画スタッフへの謝辞に加え、環境問題に熱心な彼らしく地球の温暖化についても熱く語る場面が見られた。

 今作は人間と自然界の関係を描いた作品。受賞直後に更新した自身のツイッターでも、「アカデミー賞選考委員、また、レヴェナントのスタッフに感謝します」というメッセージに続き、「地球温暖化を防ぐ試みは勇敢で行動力あふれるリーダーが始めている。それは地球を救うために必要なこと」とスピーチ同様の熱さで人々へ環境問題に関する行動を喚起していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2016年2月29日のニュース