蝶野正洋 猫好きな“遅刻奉行”に ボートレースCM第2弾

[ 2016年2月29日 05:30 ]

16年ダイナマイトボートレースCMシリーズの第2弾「遅刻奉行の巻」で奉行役を演じているプロレスラーの蝶野正洋

 BOAT RACE振興会は、あす3月1日から16年ダイナマイトボートレースCMシリーズの第2弾「遅刻奉行の巻」を放送する。

 3年目を迎える同シリーズの最新ストーリーで、舞台は架空都市「水の都市・BOEDO CITY(ボエドシティ)」。風紀委員であるNINJYAすみれ(25)が、“Change yourself―己を変えろ”をキーワードに、BOEDOの風紀を乱してしまっているユニークなキャスト陣を改心させていくという時代活劇になっている。

 シリーズ第2弾「遅刻奉行の巻」のゲストキャストはプロレスラーの蝶野正洋(52)で、BOEDOの奉行役を演じている。今回蝶野は、本来悪人を裁く立場にありながら、遅刻癖がある迷惑な奉行という役どころ。その遅刻の理由は猫が好きすぎて猫の図鑑を見る手が止まらなくなってしまうという意外すぎるもの。しかし、理由は可愛らしくても迷惑なものは迷惑。そんな“遅刻奉行”の態度を改めるために、すみれが活躍するというストーリーになっている。蝶野の迫力あるメイクと猫好きのキャラのギャップや、すみれの本格的な演武もお楽しみに。

 あすまで待てないという人はCM特設サイト「BOAT RACE LOUNGE」(アドレス別掲)できょう29日から公開しているのでチェックしてみよう!

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年2月29日のニュース