会見中止の梅宮辰夫はインフル 関係者「こじらせたようだ」

[ 2016年2月29日 05:30 ]

歩行補助器を使い、安藤昇さんお別れの会の会場を後にするう梅宮辰夫

 昨年12月16日に肺炎のため89歳で死去した俳優で映画プロデューサーの安藤昇さんのお別れの会が28日、東京都港区の青山葬儀所で営まれた。「昭和残侠伝 破れ傘」(72年)で安藤さんと共演した歌手の北島三郎(79)ら芸能関係者ら約700人が参列した。

 北島は「歌手を目指して上京した昭和30年頃、食うために渋谷で流しのバイトをしましたが、そこで出会ったのが安藤さん。“おい、ぼうず、頑張れよ”と励ましてくれました」と、デビュー前の出会いを披露しながら感謝の言葉を送った。

 「実録安藤組 襲撃篇」(73年)などで共演した俳優の梅宮辰夫(77)は遺影に向かい「そちらの世界でもお元気で」と献杯のあいさつを行ったが、体調不良のためすぐに会場を後にした。当初は会見にも応じる予定で、親友で脳腫瘍の疑いで入院中の松方弘樹(73)の話も出るのではと取材陣は構えたが、直前になってキャンセル。歩行補助器を使って足を引きずりながら車に乗り込んだ。関係者は「インフルエンザをこじらせたようだ」と説明した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年2月29日のニュース