オノ・ヨーコ退院 息子ショーン「結局ただのインフルエンザ」

[ 2016年2月29日 05:30 ]

オノ・ヨーコ

 26日夜に救急車で病院に運ばれ、入院していた米ニューヨーク在住のアーティスト、オノ・ヨーコ(83)が27日、退院した。米メディアが報じた。息子のショーン・レノン(40)はツイッターで「彼女は自宅に戻り、普段通り動き回っている。結局ただのインフルエンザだった」と説明。「気づかってくれてありがとう」とファンに感謝するとともに、「僕もインフルエンザの予防接種を受けなきゃ」とジョークもつづった。

 米メディアは一時、オノが脳卒中で意識不明になったと報じたが、ショーンはツイッターで「脳卒中ではなく、脱水症状と疲れ。大丈夫だ」と伝えていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2016年2月29日のニュース